「往生センター」は、CGで作った架空的、五階の建物である。下からは、往生会議室、往生転送センター、儀礼美術館。スペクタクル劇場、往生スーパーが設置している。「往生センター」は自分の長期プロジェクトとして、今回展示しているのは「往生センター」企業PRビデオである。この巨大なスペクタクル装置の各所を紹介し、虚無の世界を見せる(デジタル世界に虚無への三つの道:1、ループ;2、単一符号の繰り返し;3、多数符号の濫用)。これからの展開として、コンピューターゲーム、デスクトップシアターとか色々な形式を使って、この建物中に上演できる物語を構築する。

back